「メズム東京」マリオットAMEX・無料宿泊記。バルコニー付客室にアップグレードで絶景を堪能。

旅行・ホテル
旅行・ホテルホテル宿泊記

先日、東京・竹芝にありますラグジュアリーホテル「メズム東京」に宿泊してきました。

メズム東京は2020年4月に開業したばかりの、新しい高級ホテルです。マリオット・ボンヴォイ参加ホテルとなっております。

また、マリオットボンヴォイアメックスの無料宿泊特典や、カード決済などで貯めたマリオットポイントを使うことで、無料宿泊が可能なホテルです。

今回、マリオットボンヴォイアメックスの無料宿泊特典(最大50,000ポイント)に加えて、手持ちのポイントを15,000ポイントまで追加できる「トップオフ」制度を活用して無料宿泊しました。

本記事では「メズム東京」の概要、ポイント宿泊時の特典内容、有償アップグレードや上級会員特典を含めた宿泊記を綴っていきますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

メズム東京:概要

ホテル情報
  • 住所:〒105-0022 東京都港区海岸1丁目10−30
  • アクセス:JR・東京モノレール 浜松町駅より徒歩約6分、都営大江戸線・浅草線 大門駅より徒歩約7分、ゆりかもめ 竹芝駅より徒歩約3分
  • チェックイン:15:00 
  • チェックアウト:12:00
  • マリオット リワードカテゴリー:カテゴリー8
  • インスタグラム:@mesmtokyo
  • 公式ホームページ:メズム東京

メズム東京:アクセス・周辺地図

メズム東京ですが、最寄り駅は竹芝駅となり、徒歩で約3分となります。

また、浜松町駅から徒歩7分大門駅から徒歩8分程度の距離となっており、電車での主要駅からのアクセスも良いです。

私は飛行機で羽田空港から東京モノレール 浜松町駅に向かい、そこからタクシーが呼べるアプリ GO《ゴー》でタクシーを利用しました。

浜松町駅からのタクシーはワンメーターでメズム東京まで行くことが出来ます。徒歩だと微妙な距離感のため、荷物が多い時はタクシー利用がおすすめです。

メズム東京:ホテル駐車場

メズム東京にはホテル駐車場があり、ホテル地下駐車場(バレーサービス)は1泊あたり4,000円で、チェックインからチェックアウトまで利用可能デです。

また、ホテルから少し距離はありますが、NPCウォーターズ竹芝駐車場棟に駐車することも可能です。宿泊の場合、入庫から24時間で1,800円で利用可能です。

メズム東京:マリオットカテゴリー

メズム東京のリワードカテゴリーはカテゴリー8とになっています。

マリオットポイントを使用してポイント宿泊する際は、

カテゴリーオフピークスタンダードピーク
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,00085,000100,000
マリオット・ボンヴォイ ポイント宿泊 必要ポイント数

1泊70,000~100,000ポイントが必要となります。

今回はスタンダードシーズンに宿泊したため、85,000ポイントを使用し、無料宿泊することができました。今回はピークシーズンを避けて宿泊できれば良いと思っていたので、85,000ポイントで宿泊できて満足しています。

日程によっては土日でもオフピークやポイントセーバーで宿泊できることがありますので、定期的に公式サイトのポイント宿泊カレンダーを確認してみてください。

メズム東京:宿泊した客室、プラン

今回のメズム東京への宿泊はポイント利用の無料宿泊です。マリオット・ボンヴォイのアプリにて予約しました。

マリオットボンヴォイアメックス特典の無料宿泊(50,000ポイント分)に、「トップオフ制度」で14,000ポイントの追加で無料宿泊しました。必要ポイント数は64,000ポイントでした。

今回の宿泊は週末で混みあっていたため、ゴールドエリート特典でのアップグレードは叶いませんでした。

マリオット・ボンヴォイ:ゴールドエリート 特典

今回の宿泊では、マリオット・ボンヴォイ・アメックス(旧SPGアメックス)所持によるゴールドエリート特典を享受することができました。

ゴールドエリートの特典は下記の通りでした。

メズム東京 ゴールドエリート特典
  1. 空室状況により客室アップグレード
  2. ウェルカムギフト(ゴールドエリート特典):500ポイント
  3. 14時までのレイトチェックアウト

マリオット・ボンヴォイ:客室アップグレード

今回はマリオット・ボンヴォイ・アメックス(旧SPGアメックス)所持によるゴールドエリート特典で、客室のアップグレードをしていただきました。

当初は最安値カテゴリーのお部屋「chapter1 ツイン 2ダブル」を予約しました。

週末の宿泊となり、混雑していたため無償アップグレードは叶いませんでしたが、チェックイン時に「chapter1 ツイン 2ダブル ガーデンビュー バルコニー」のお部屋への有償アップグレードをご提案いただきました。

バルコニー付きのお部屋は「chapter1」の中で一番高額となりますが、今回の当日アップグレードの費用は12,650円(税・サービス込)となっておりました。

迷うことなく今回は有償アップグレードをお願いしました。結果的にはアップグレードして大正解で、とても充実したホテルステイとなりました。

メズム東京」は良いカテゴリーの部屋が複数あります。空室状況次第ではゴールドエリートでもアップグレードは大いに期待できます。

マリオット・ボンヴォイ:獲得ポイント

僕はマリオット・ボンヴォイ・アメックスを所有しておりますので、マリオットのゴールドエリート会員として宿泊しました。獲得ポイントとしては下記の通りです。

マリオット・ボンヴォイ 獲得ポイント
  • 客室タイプ:chapter1 ツイン 2ダブル ガーデンビュー バルコニー
  • 価格:無料 (64,000マリオットポイント使用)
    • 有償アップグレード:12,650円
    • 追加費:3,960円(お土産)+3,237円(インルームダイニング)
  • 獲得ポイント:801ポイント
    • ベースポイント:241ポイント
    • エリートボーナス(ゴールド25%):60ポイント
    • ウェルカムギフト(ゴールドエリート特典):500ポイント

今回はポイント宿泊にもかかわらず、マリオット・ボンヴォイ・アメックス所持によるゴールドエリート特典のおかげでポイントを獲得することができました。

マリオット・ボンヴォイ参加ホテルに宿泊する際は公式サイトからの予約+マリオットボンヴォイアメックスでの決済が絶対におススメです。

ゴールドエリート特典のホテルクレジット使用分はポイント付与の対象?

今回はポイントを使用して宿泊費無料でメズム東京に宿泊しておりますが、ポイント付与がされていました。

今回は客室アップグレード分とルームサービス(インルームダイニング)分、お土産代に対してのポイント付与がされていました。

ポイント宿泊やマリオット・ボンヴォイ・アメックス特典での無料宿泊の場合でも、インルームダイニング等の利用料金に対してマリオットポイントを獲得することができます。

メズム東京:施設・客室紹介

外観

メズム東京は劇団四季の劇場などがあるウォーターズ竹芝に位置しています。

こちらの看板がメズム東京の正面玄関への目印です。正面玄関には車寄せがあり、タクシーや車でも気軽にアクセスできます。

エントランスです。奥のエレベーターより16階のレセプションフロアに行くことが出来ます。

17階から26階までが客室となります。

メズム東京のエントランスは写真映えしますので、おすすめの写真撮影スポットです。

16F レセプション&ロビーラウンジ

16階のレセプションフロアに到着。

エレベーターは竹のモチーフで和風となっています。

廊下は天井が高く開放感があります。

こちらがメズム東京のロビーラウンジです。

広々としており、素晴らしい開放感です。

16F バー&ラウンジ「Whisk (ウィスク)」

メズム東京のロビーラウンジはバー&ラウンジ「Whisk (ウィスク)」として営業されています。

ラウンジ&バー「Whisk」ではオリジナルのミクソロジードリンクが提供されています。ここでしか飲めない唯一無二のドリンクメニューが多いです。

座り心地の良いソファやテーブルが数多く用意されています。夜はバー、昼はカフェとして、宿泊者以外も気軽に利用できます。

ラウンジ「Whisk」からは汐留や東京スカイツリー方面、ベイエリアのスカイビューを楽しむことが出来ます。

隣接した浜離宮庭園を上から一望することが出来ます。メズム東京からしか眺めることが出来ない景色です。

ラウンジ「Whisk」には著名建築家のアントニン・レーモンド氏がデザインした、ヤマハのヴィンテージグランドピアノが置かれています。

演奏会の時間帯以外は利用可能となっています。クルーに声をかければ演奏できます。

Whisk」の夜の営業時間は落ち着いたお洒落な空間に変わります。ここから見られる夜景も美しいです。

16F レストラン「Chef’s Theatre (シェフズ・シアター)」

バー&ラウンジ「Whisk」の奥にはレストラン「Chef’s Theatre (シェフズ・シアター)」があります。本格フレンチをビストロノミースタイルにて楽しめるフレンチレストランです。

レストラン「Chef’s Theatre」はメズム東京の朝食会場となっており、朝食メニュー「メズム・ブレックファスト」として提供されています。

宿泊時では『オズの魔法使い』の原作小説をもとにしたランチ&ディナープログラムが提供されていました。

4F 鉄板焼きレストラン「銀座みやちく 竹芝店」

その他にも4Fには鉄板焼きレストラン「銀座みやちく 竹芝店」があります。こちらでは由緒正しき宮崎牛を鉄板焼きやしゃぶしゃぶで楽しむことができます。

16F ロビー ホテルショップ

ロビーにはメズム東京のホテルショップが併設されており、メズム東京オリジナルのグッズやアメニティが購入可能です。支払いはチェックインカウンターで可能です。

左側にはスタッフ着用の制服が飾られています。ヨウジヤマモト社の「Y’s(ワイズ)」ブランドの制服で、こちらで購入が可能です。

メズム東京限定のベアブリックが販売されています。今回はこちらのベアブリックをお土産に購入しました。

メズム東京限定のバルクオム製バスアメニティが販売されています。

こちらはメズム東京と村上隆氏のコラボレーション商品。

客室:chapter 1 2ダブル ガーデンビュー バルコニー

アップグレードにより、ガーデンビューかつバルコニー付きのchapter 1客室にチェックイン。部屋の入り口にはメズム東京のクリエイティブディレクターである小泉堅太郎氏デザインののベアブリックが御出迎え。

メズム東京の各部屋に置かれているこのベアブリック、光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」を採用した世界初のベアブリックです。フラッシュ撮影すると絵柄が浮かび上がる、遊び心満載のベアブリックです。

クローゼット

クローゼットにはハンガーが多数完備されています。

メズム東京の客室に備えられた履物はスリッパではなく真っ黒の雪駄となっています。

アイロン台もあります。

メズム東京では雪駄だけでなく、持ち帰り可能な青色のスリッパも用意されています。

アイロンは日本製のSUREとなっています。

ベッドルーム(リビングルーム)

続いてはベッドルーム。クイーンベッドが2台並んでいます。

こちらはインテリアのスーツケース。

ベッド周り

続いてはベッド周りをご紹介。

枕元には読書灯があります。

2台のベッドの周りには照明などのコントロールパネルがあります。コンセントやUSBも2個ずつ差すことができます。

コントロールパネルの下には黒電話や時計が用意されています。

左下のボタンで、バルコニーに置かれている照明を操作できます。

可愛い黒電話はただのインテリアではなく、メズム東京のサービス部門「スターサービス」への直通電話となっています。ホテル滞在時のサービスの依頼はこの電話から依頼できます。

バルコニー側にはカウチとテーブルがあり、東京の景色を楽しみながらゆっくりすることができます。

テレビ周辺

続いてはテレビ周り。55インチのテレビとなっています。NETFLIX・prime video・hulu・Youtube・AmebaTVに対応した、ソニー製のテレビです。

HDMI端子もあり、Fire TV Stick や Nintendo Switchなどの接続も可能です。

テレビの下にはカシオ製のデジタルピアノ「Privia(プリヴィア)」があります。

このピアノはメズム東京の全室に導入されていて、ピアノの演奏のみならず、Bluetoothスピーカーとしても利用できます。

空気清浄機はシャープ製プラズマクラスター搭載の加湿空気清浄機です。

また、メズム東京には全室でタブレットが導入されています。ホテルのサービスやインフォメーションのみならず、お部屋の照明やテレビの操作も可能です。

客室用のアルコールスプレーも用意されています。

バルコニー

続いてはバルコニー。夜はスカイツリーが見え、幻想的な景色です。

外にはカウチ2個とテーブルがあり、お酒を飲んだりしながら夜景を楽しめます。

メズム東京のルームサービスは24時間営業のため、深夜1時ごろにインルームダイニングでタブレットよりお酒を注文。ウイスキー片手に景色を堪能しました。

バルコニーからの景色です。ウォーターフロントなので海越しに東京の夜景が楽しめます。

勝どき方面のタワーマンション群の夜景がきれいです。

部屋(バルコニー)からの眺望

早朝の朝焼けの景色です。幻想的な景色で、夢のような景色です。

続いて朝に撮影したバルコニーからの眺望です。朝の景色もこれまた格別に良いです。

寝起きでこの美しい景色が見られます。景色が素晴らしすぎて、アップグレードを依頼した甲斐がありました。

汐留方面の景色です。浜離宮恩賜庭園の美しい庭園を上から眺めることができます。

広角レンズでの景色です。浜離宮と東京スカイツリーを同時に楽しめます。

本当に唯一無二の眺望です。メズム東京は圧倒的にバルコニー付きのガーデンビューのお部屋がおすすめです。

ミニバー

続いては室内に戻ってミニバーのご紹介。ミネラルウォーターは瓶詰めされたものが2本無料で頂けます。


また、メズム東京オリジナルのイングリッシュブレックファストティー、コーヒー、ミルキーが用意されています。

栓抜きやコルク抜きももちろん完備されています。

メズム東京のミニバーは全て無償で利用可能です。冷蔵庫にはビール(ハートランド)が2本用意されており、そちらも無料で頂くことができます。

バスルーム・トイレ

続いてはバスルーム。ベッドルーム側はガラス張りでスケスケです。

バスルーム内のスイッチでカーテンを下げることができるので、ご安心ください。

洗面台・アメニティ・ドライヤー

洗面台はピカピカで高級感があります。

メズム東京のアメニティはホテルオリジナルの「THE BLEND」で統一されています。ハンドソープも例外ではありません。

「THE BLEND」は高品質なメンズスキンケアブランドとして注目のBULK HOMME(バルクオム)によるメズム東京オリジナルのアメニティで、男女ともに心地よく使用できる仕様になっています。

香りは柑橘系の爽やで優しい香りとなっており、心地よい香りで癒されます。

ボディローションもメズム東京オリジナルのTHE BLENDです。雪肌精の袋はクレンジング、洗顔、化粧水、乳液が用意されており、スキンケアもアメニティに含まれています。

鏡に向かって左にはバスタオルが用意されています。後ろにはメズム東京オリジナルのバスローブ兼パジャマ「KIMONOローブ」が用意されています。

帯をつけると着物の様なデザインのバスローブで、帯を取るとパジャマとして使えます。

さらさらの肌触りが素晴らしく着心地は良いですが、着方は少しややこしいです。

「KIMONOローブ」は着方の動画が用意されており、この動画は客室タブレットからも確認することができます。

洗面台の足元にはメイク用の椅子やドライヤー、体重計が収納されています。

高級ホテルではおなじみの体重計はporto製。

ドライヤーはSALONIA(サロニア)製。黒のマットなデザインでお洒落で、大風量で使い心地が抜群に良いです。

サロニアのドライヤーは先日宿泊したコートヤード・バイ・マリオット名古屋と色違いのもので、W大阪とは色も全く同じものでした。

続いてはメズム東京オリジナルの、こだわりの本型アメニティボックスです。中身のアメニティのみ持ち帰り可能となっており、本型のボックスについては持ち帰りできません。

本型のボックスはメズム東京のホテルフロントで販売されているので、欲しい方は購入することができます。

アメニティボックスの中身はコーム、髭剃り、泡立てニット、歯ブラシ、シャワーキャップ、、バニティキットとなっています。

この中で一番注目すべきは泡立てネット。メズム東京のロゴ入りのものになりますが、中身はBULK HOMME(バルクオム)のベストセラー製品である泡立てネットとなっています。

4重構造のネットで、洗顔料の泡立ちが本当に素晴らしいです。旅行の際には常備しており、愛用品です。

バスタブ

続いてはバスタブです。成人男性が足を延ばしても十分なくらい大きなバスタブです。

バスソルトもTHE BLENDです。メズム東京のイメージカラーとなっている、美しい青色のバスソルトです。

バスタブのそばに照明を調整するボタンがあり、バスタイム中に照明を調整できます。

シャワーブース

続いてはシャワールーム。

バスアメニティはBULK HOMME(バルクオム)による3点セット。柑橘系の癒される香りです。

トイレ

続いてはトイレです。

小さなお手洗いもトイレ内にあります。

ハンドタオルも用意されています。

インルームダイニング(朝食)

続いてはインルームダイニングで朝食を注文したのでご紹介します。

カトラリーのセッティングを含めてスタッフの方にご準備いただきました。

今回注文したのはリッチパンケーキ。写真は1人分で1,982円(税・サービス込)でした。

東京スカイツリーを横目に優雅な朝食を楽しみました。

まとめ

今回、「メズム東京」での宿泊体験を共有させていただきました。

今回はポイント利用による無料の宿泊でしたが、マリオット・ボンヴォイ・アメックス所持によるゴールドエリート特典で、とても充実したホテルステイとなりました。

ポイントを使って宿泊したのにポイントをもらえたり、ホテルクレジット利用分に対してもポイント付与があり、ポイントを貯めることも出来ました。

有償アップグレードで今回はバルコニー付きの客室に宿泊しましたが、お金を払ってアップグレードする価値は十分にありました。眺望があまりにもすばらしく、メズム東京ならではの唯一無二の景色をふんだんに楽しむことができました。

また東京に行く際には、改めてガーデンビューのお部屋に泊まりたいと思いました。間違いなく再訪します。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。ご参考になれば幸いです。

ホテル情報

・住所:〒105-0022 東京都港区海岸1丁目10−30

・アクセス:JR・東京モノレール 浜松町駅より徒歩約6分、都営大江戸線・浅草線 大門駅より徒歩約7分、ゆりかもめ 竹芝駅より徒歩約3分

・チェックイン:15:00 

・チェックアウト:12:00

・マリオット リワードカテゴリー:カテゴリー8

・インスタグラム:@mesmtokyo

・公式ホームページ:メズム東京

タイトルとURLをコピーしました